戻る

大都会で満開の桜を愛でる「セントラルパーク」

春は花の季節。

大都会ニューヨークの公園やストリートなど、いたる所に春の花が咲き始め、街がとても華やかに彩られます。

中でも、4月中旬から5月上旬にかけては桜が見頃のピークを迎えます。

日本の国花として知られる桜ですが、日本人だけではなくニューヨーカーも大好きな花。

セントラルパークをはじめ、マンハッタン内外には、桜が植樹されている公園があり、市内各地で桜を楽しむイベントが開催されます。

その名も「Sakura Matsuri」と日本語が使われ、ニューヨーク在住の日本人はもちろん、地元ニューヨーカーたちも一緒に桜を愛で楽しんでいます。

 

 

 

 

セントラルパークは桜の名所がいっぱい

 

中でも、セントラルパーク「Central Park」には桜の名所がいくつかあります。

例年4月にソメイヨシノが満開となり、お花見がよく行われるのがチェリーヒル「Cherry Hill」とピルグリムヒル「Pilgrim Hill」です。

芝生の上に座って桜が楽しめます。

また、ジャクリーン・オナシス貯水池東側の遊歩道にはソメイヨシノが植えられ、桜のトンネルを作っています。

貯水池の西側にも桜が植えられていて、4月末から5月にかけて満開の八重桜を見ることができます。

 

 

桜並木をジョギングするのがNY風の花見スタイル

 

公共の場で飲酒が禁止されているニューヨーク。

日本のようにレジャーシートを敷きお弁当を並べ、ビールで乾杯というお花見は厳禁です。

宴会で盛り上がるというより、散歩やジョギングしながら満開の桜を愛でるといったヘルシーなスタイルがニューヨークらしいですね。