戻る

NYを空中散歩! 都会のオアシス「ハイラインパーク」

ハイラインは、ニューヨーク14th Streetからハドソンヤードエリアの34thStreetまで伸びる線路跡をベースに作られた高架橋。

廃墟だった貨物列車の高架橋をリノベーションした空中庭園が『ハイラインパーク』です。

 

 

 

 

地上約10mの高さに設置された貨物列車用の線路は、1930年代に建造され、80年代まで使われていました。

その後20年以上も放置され撤去されかけたものを、ニューヨーク市の緑化計画のもと、2009年から改築を重ね、2014年の秋に、34stから南部ミートパッキングまで続く巨大空中庭園として生まれ変わりました。

今や、年間数百万の人々が訪れる人気の観光スポットになっています。

 

 

 

 

マンハッタンに浮かぶ空中庭園を満喫!

 

ハイラインにある全長約2kmの遊歩道は、まさに都会のオアシス。

道の両側には美しい季節の花々や植物で彩られ、ところどころに古い線路の跡が残されていてレトロな風情が漂います。

また、コーヒーやアイスクリームなどの屋台もあちらこちらにあり、途中にはベンチやデッキチェアなどがたくさん設置されているので、川沿いの風景を眺めながら日光浴や、読書を楽しむ人で賑わいます。

 

 

 

 

空間リノベーションでNYの新しい魅力を創造!

 

また、ハイラインをまたぐように建設されたスタンダードホテルなどの個性的な建築物、建築の壁面に描かれたグラフィティ、アート作品、ハドソン川の風景など、ニューヨークらしい表情も楽しめます。

ハイラインパークは、古いものを大切にしながら新しい魅力を生み出すニューヨークならではの魅力が感じられる場所。

是非、訪ねてみてください。